DHA情報館 » DHAサプリの効果 » 若者の魚離れでキレやすい性格に? | DHAサプリの効果

若者の魚離れでキレやすい性格に? | DHAサプリの効果

読了までの目安時間:約 3分

精神面に対しての効果

DHAが人間の体に作用する効果として、精神的に安定させるというものもあります。DHAというと、よく血液循環をよくして生活習慣病を改善させたり、脳の働きをよくして痴ほう症や学習能力をあげたりする効果が認められていますが、精神面に対しても作用が結果として表れるようです。まずはある企業の実験結果から説明させていただきましょう。

調べるのは、敵意性をもつ程度をパーセントで表示、そして、DHAを摂取したときの敵意性の変化を見ていきます。DHAを摂取するグループと、他の油を摂取したグループにわけて3か月後に変化をチェックします。DHAを摂取する前と摂取した後では、何か変化が見られたのでしょうか。結果は、摂取前とくらべると摂取後は、約5〜6%敵意性が下がっていたのに対し、他の油では約6〜7%敵意性があがるというような結果が見られたということです。

子供や若者は洋風の食事が多い

しかしながら、子供や若者は洋風の食事になれ、魚料理をあまり食べなくなったといいます。そのせいで、家庭でも子供が食べられるおかずを、ということで魚料理をあまりしないという家もあるのではないでしょうか。そんなときこそ、DHAサプリメントは重宝します。いつでもどこでも水などで飲めるので、魚嫌いなお子さんでも手軽にとることができます。また、噛んで摂取するチュアブルタイプもあり、お菓子感覚でとれるものもあります。すぐにキレる、という悩みへの対策以外にも、学習能力がアップするという作用もDHAにはあります。

ラットを使った実験結果では、DHAを摂取させたラットと、オリーブオイルなどの他の油を摂取させたラットではとぢらが記憶力が高まるかを実験した結果があります。DHAのほうが他の油よりも、最大で40ポイントも差が出ました。

また、DHAを含む母乳とDHAを含まない粉ミルクで育てた赤ちゃんにも差が出ています。8歳になったときの言語能力、行動能力、総合能力について調べた結果、DHAを含む母乳を飲んでいた子供のほうが優れていたという結果が出ました。

お子さんがまだ赤ちゃんだったころには、ママが仕事を持っている、母乳の出が悪かった…など様々な理由があったと思いますが、ある程度大きくなられたお子さんには、DHAサプリメントをおすすめしてあげるとよいかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー