DHA情報館 » DHAサプリの効果 » 生活習慣病を予防する | DHAサプリの効果

生活習慣病を予防する | DHAサプリの効果

読了までの目安時間:約 3分

生活習慣病とは

生活習慣病といえば、将来的に重大な疾患となる可能性もあることから軽々に考えることは控えるようにしたいものですが、どうしても食べ物の嗜好というのは変えられないという人が多いのも事実です。生活習慣病のひとつには、血中の悪玉コレステロール値の上下に一喜一憂されている方もいらっしゃると思いますが、こういった血液の健康にも作用するのがDHAです。

よくDHAがいい、といわれますが、いったいどんな風にいいのかがわからず、摂取にいたっていないという人も多いかと思います。DHAの働きのいろいろを見ていきましょう。DHAにはまず血液循環を若々しく働きがあります。たとえば、血中脂質の状態を改善してくれたりもします。

また、動脈硬化への作用も期待できるといいます。血小板への働きかけも結果として出ています。それは血液中の血小板が凝固してしまうのを抑え、心筋梗塞などの疾患を予防してくれます。

血圧への働きかけについて

次には血圧への働きかけです。血圧の異常といえば脳卒中(脳梗塞・脳出血)が心配ですが、これらの疾患に対しても予防効果が認められるということでした。DHAサプリメントの摂取による体の変化について研究をしている、ある企業の研究結果をもとにみていきましょう。

DHAを約1か月続けて摂取したところ、総コレステロール値は摂取し始めから次第に数値が下がっていく、という結果を得ました。そして、HDLコレステロール値に対しては、数値が徐々に上がっていき、反対にLDLコレステロール値に対しては、徐々に下がっていくという影響が見られました。いわゆる血液サラサラの状態ですね。

中性脂肪に及ぼす数値の変化としては、摂取していた約1カ月間は数値が徐々に下がっていくという結果でした。また、血圧に対しても収縮期のほうの数値の下がり方が顕著で、拡張期に対してはゆるやかに数値が下がっていました。これらのことから、DHAサプリメントの摂取によって人間の体によくない影響を及ぼすものは抑制してくれるということがわかるかと思います。

そして、もう一つの研究結果が出ていました。約1カ月間DHAサプリメントを摂取していた被験者に、こんどはDHAサプリメントを摂取せずに、普通の食事だけでその後1年を過ごしていった結果を見てみると、1年後にはまたもとの数値のレベルにもどっている、という結果も得られました。

ということで、DHAサプリメントの摂取による生活習慣病への効果のほどを確認できた、という形になっているかと思われます。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー