DHA情報館 » DHA・EPA基礎知識 » 

DHA・EPAが不足するとどうなるの?

読了までの目安時間:約 3分

深刻な病気の進行も考えられる

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)の健康効果については、現在様々なことが解っています。特に重要な効果に血液サラサラ効果、脳細胞に直接働きかけ活性化させるなどがあります。

血液サラサラ効果は血中の脂質濃度を下げる働きや固まりにくくする働きがあるためですが、不足をすれば、血液の粘度が上がり固まりやすくなって心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病等々の深刻な病気の進行が考えられます。

DHA・EPAを補う方法まとめ

読了までの目安時間:約 3分

DHA・EPAは必要な成分

DHA・EPAは人間の細胞にも活力を与え、血液の健康にも脳にも良い影響を与えます。この2つの成分は、母乳にも含まれています。赤ちゃんの健康な発育に必要な成分だからです。ですから当然粉ミルクなどにも、この成分を入れて作ってあるそうです。しかし現在この母乳に含まれるDHA・EPAの量が減少していることが分かっているそうです。

現代人がDHA・EPA不足になりがちな理由

読了までの目安時間:約 3分

青魚にはDHAやEPAが多く含まれている

DHA・EPAは脳を活性化し、血液もサラサラにという効果が期待できることから、最近では誰もが補いたいと思う注目の成分の一つです。実際、その健康維持効果は厚生労働省が毎日1g以上摂ることが望ましいと目標摂取量を発表しています。

このDHA・EPAは元々人間の身体では合成されにくい物ですから、あくまで補充しなくてはなりませんが、最近の食生活の中では、重要にもかかわらず摂取する量は減少気味です。それはこのDHA・EPAが多く含まれているのが青魚であるということに関わっています。

最近の投稿
カテゴリー