DHA情報館 » DHA・EPA基礎知識 » DHA・EPAが不足するとどうなるの?

DHA・EPAが不足するとどうなるの?

読了までの目安時間:約 3分

深刻な病気の進行も考えられる

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)の健康効果については、現在様々なことが解っています。特に重要な効果に血液サラサラ効果、脳細胞に直接働きかけ活性化させるなどがあります。

血液サラサラ効果は血中の脂質濃度を下げる働きや固まりにくくする働きがあるためですが、不足をすれば、血液の粘度が上がり固まりやすくなって心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病等々の深刻な病気の進行が考えられます。

また中性脂肪やコレステロールにも働きかけ下げる効果があるため、不足した場合には数値が上がることも考えられ、そのための疾患も出てきます。そして脳の活性化の作用ですが、それは摂取することにより脳の細胞膜が柔らかくなり活性化するといわれています。また脳の伝達組織の中核を担うのもDHAの仕事と言われています。

年齢とともに減少する

DHAやEPAが不足すれば当然学習能力や脳の発育、特にDHAは年齢とともに減少するものなので加齢による記憶障害や脳血栓の心配が出てきます。最近では、皮膚の角質層を丈夫にする効果、また花粉症やアレルギー疾患、癌などにも効果があると期待されているのです。

こうしたことを色々考えてみると、食生活の中で摂取する工夫もしてみる価値があるというものです。しかし、DHAやEPAばかり摂り過ぎて良いわけではありません。その理由は栄養が偏ってしまい、また他の細胞へと支障が出てくることもあるからです。

ですので、なによりも食事というものはバランスが一番大切です。毎日様々な食材で栄養素を取るように心掛け、その中で健康手に入れるのが何よりかと思います。ですが、その結果、どうしても必要な栄養素が不足するようであれば、サプリメントで補うのもいいのではないでしょうか。食事だけは補いきれない栄養素は多く存在しますので、必要なものを必要な量だけ毎日補うように工夫することで、毎日の食事にも神経質にならなくてすむこともあります。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー